保健所の保健師

保健所の保健師求人情報

保健所は、人々の健康と生活環境を守るための支援を行います。健康管理や保健衛生の相談、指導を行う施設です。

 

保健所の仕事は、大きくふたつに分けられます。ひとつは、障害者、難病患者、結核、エイズ患者といった対象者を限定した保健サービスです。もうひとつは、病気を未然に防ぐ保健、公衆衛生です。

 

たとえば、エイズ検査は保健所が無料で行っています。退院後に服用治療に入った結核患者が絶対に飲み忘れてはいけない薬を必ず服用するよう、対面服薬治療を行うのも保健所の仕事です。難病や心の病を持つ方とその家族が、よりよい生活を営むための生活指導や支援も行います。

 

毎年流行するインフルエンザや新型ウイルスのような新しい感染症などに対して、いち早く情報を入手し、防除・予防策をとるのも保健所の仕事です。感染症予防のための衛生教育や知識の普及、食中毒などを防止するための指導も行っています。

 

保健所保健師は、障害者、難病患者、結核やエイズ患者などへの保健サービスの提供、ウイルスに対する危機管理など幅広い専門的な対応が主な業務です。病気の拡散・伝染を最小限に抑えるため、専門的な知識と視野、そして柔軟な対応が要求されます。

 

保健所には、医師や看護師、助産師、栄養士、薬剤師、理学療法士などの医療や健康に関するスペシャリストがそろっています。
こうした環境の中で、看護師の資格を持つ方がスキルアップの一環として保健師の資格を取得するというケースも多いようです。

 

保健所に勤務する保健所保健師と都道府県や市町村で働く保健師を「行政保健師」といいます。行政保健師は全体の保健師の約7割を占め、生活にいちばん密着した保健師です。

 

保健所は自治体などが運営していますので、民間企業の求人とはやや異なります。求人情報誌などでは保健所の求人はあまり見かけないかもしれません。春に発表されることが多いようですが、確実にチャンスを得るには、こまめに自治体が発行する広報誌や、自治体が運営するサイトなどでチェックする必要があります。

 

最近では、看護師や保健師向けの専門求人情報サイトでも扱っているようです。特に、具体的な就職先の条件などが決まっている場合には、専門求人情報サイトはおすすめです。プロのスタッフが、転職先の紹介や転職するために必要なノウハウなど、さまざまな面でサポートしてくれます。

 

登録無料の求人情報サイトも多数あります。より多くのチャンスをつかむために、こうしたサービスを利用するのも良いのではないでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング