警視庁の保健師求人情報

警視庁の保健師求人情報

保健師の求人案件も企業などで社員の健康管理などを行う産業保健師や、保健所や保健センターで働く行政保健師だけではありません。実は警視庁でも保健師の求人募集を行っているのです。警視庁で働く保健師のお仕事は警察職員の健康管理と保健指導が主な仕事ですが、全国の警察署にも配属されます。

 

警視庁の保健師の採用試験は1年に1回、秋に行われています。2010年度には、5人の求人募集に対して28人が応募しています。この年の競争倍率は5.6倍でした。警視庁の保健師の採用人員はその年によって違い、2011年度には2人が警視庁の保健師として採用されています。2012年度の採用人員は一人だけでした。

 

警視庁の職員は1類・2類・3類の警察官や事務職員の他に、電気・建築・機械・心理・海技などの技術系の職員がいます。保健師は警視庁職員の2類に分類されています。 警視庁の保健師は主に警視庁本部に配属されますが、なかには全国の警察署に配属される保健師もいます。

 

警視庁の保健師の主なお仕事は警察職員の健康管理と保健指導ですが、その他にも警察職員の健康診断の企画や実施に結果統計なども保健師の仕事になります。さらに健康診断の結果によっては、具体的に健康指導や教育なども行います。

 

警察官という仕事柄、24時間精神的にも肉体的にも大変なお仕事です。さらに最近ではストレスから、肥満などの生活習慣病になる警察官も少なくありません。また事件に対応するため、身の危険に及ぶことも決して珍しいことではありません。そんな時に警察官の治療や救護を、行うのも保健師の仕事です。

 

そんな警視庁の保健師の採用試験ですが、1次選考と2次選考とあります。1次選考は一般知識・専門知識・論文で、合格者は一般面接・専門面接・身体検査・適性検査などの2次選考を受けます。応募資格は日本国籍を持っていて、保健師の資格がある人です。2012年度の場合の年齢制限は、1967年4月2日以降に生まれた人でした。

 

警視庁の保健師は公務員という立場で、安定した職場であることは間違いありません。勤務時間も朝8:30から午後5:30までで、基本的には残業などもありません。もし警視庁の保健師のお仕事に興味があるのであれば、保健師の転職支援サービスへの登録をお勧めします。転職支援サービスの任のコンサルタントやアドバイザーが、警視庁の保健師のお仕事についてもっと詳しい情報を教えてくれます

保健師求人サイト人気ランキング