産業カウンセラーの保健師

産業カウンセラーの保健師求人情報

産業カウンセラーは、心理学に基づいて労働者が抱える問題を解決できるよう援助していく心理職資格です。
働く人やその家族を対象に、治療ではなく、予防という観点から心の健康を支えることができるようになります。

 

人材系の企業や人事部、相談業務を行っている場合には、大いに役立つ資格と言えます。また、保健師や看護師といった病院などの現場で働いている方が、産業カウンセラーの資格を取れば、仕事の幅が広がります。しかし、産業カウンセラーの資格を取得しただけでは、産業カウンセラーとして就職するのは少し大変かもしれません。

 

近年、ニーズが高まってきている産業カウンセラーですが、採用枠はあまり多くないのが現状です。必要性はわかっていても、相談室を設置したり専任の人材を雇ったりする余裕が、企業にないためです。少ない採用枠では、臨床経験がある方が有利になりますが、肝心の経験を積む場がない、という苦しい板ばさみ状態にもなりかねません。

 

このような現状でも、毎年5千人くらいの方が、産業カウンセラーの資格を取得しています。もともとは公的資格だったこともあり、歴史、実力、カリキュラムともに定評があります。厚労省認定をはずされたものの、公的な案件での人材要請などを受け、派遣を行っているようです。

 

実力のある先生による基礎理論や実技指導であるとはいえ、この養成口座だけでは、基本的な知識と技術を知り、カウンセリング技法の基本を覚えたという、スタートラインに立ったにすぎません。実践場面で使いこなせるようになるためには、経験を積む必要があります。

 

産業カウンセラーの資格だけで仕事をしていくのは少々困難な面もありますが、医療資格との併用なら、比較的多くの求人情報が得られる可能性があります。企業の相談室には看護師や産業保健師の方がいることも多く、産業カウンセラーの資格と医療資格はとても相性が良いと言えます。産業カウンセラーの資格取得を考える看護師や保健師などの国家資格を持った方も珍しくなくなってきました。

 

産業カウンセラーの資格は、企業に就職したいと考える保健師の方には、特におすすめです。
産業カウンセラーの求人は、日本産業カウンセラー協会から案内が出ているほか、産業カウンセラー募集サイトもあります。

 

産業カウンセラーの転職支援サイトのなかには、求人を探す方法をアドバイスしてくれるサイトもあります。プロのスタッフが転職のサポートをしてくれるサイトも多いので、賢く利用すると良いでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング